背を高くする 方法

身長を伸ばすために気をつけたい5つのポイントを紹介します

背を高くする方法を知りたい人は多いのではないでしょうか。そんな方のために背を高くする方法をご紹介したいと思います。まず子どもの背を高くする方法として5つのポイントがありますので、それぞれ紹介していきます。

 

ポイント1:良質な睡眠
一般的に身長が伸びない原因は、ゲームなどの夜更かしや睡眠不足、好き嫌い、運動不足、遺伝、成長ホルモンの分泌不足と言われています。成長期は食事と運動、睡眠が大事と言われている通り、睡眠はとても大事です。子どもの成長を促すのが成長ホルモンであり、
この成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。22時~2時までによく分泌されるので、この時間には深い眠りにつけるように、部屋の照明を暗くして早めに寝るようにしましょう。また、寝ることは日中のストレスを解消することにもつながるので、寝る前は食べるのを控えて良質な睡眠をとることを心がけましょう。

 

ポイント2:適度な運動
背を高くするための方法として、適度な運動もおすすめします。定期的に骨に刺激を与えることによって、身長を伸ばせ!という指令を頭に伝えます。縦方向のジャンプをすることによって間接し刺激を与えることが可能なのです。例えばジャンプを必要とするバレーボールやバスケットボールなどは縦のジャンプが多く取り入れられているのでとてもいい例ですね。背を高くする方法は睡眠や食事だけでなく、適度な運動も必要だということです。

 

ポイント3:栄養素
背を高くする方法としてよく言われるのがこの栄養素です。成長期にカルシウム、タンパク質、マグネシウム、亜鉛をとることにより、身長の伸びが期待されます。カルシウムは乳製品・海産物・野菜・大豆製品・ごまなどに含まれます。マグネシウムは木綿豆腐・牡蠣・アーモンド・ほうれん草・大豆・インゲン豆・落花生・カツオなどに含まれます。亜鉛は牡蠣・納豆・和牛もも肉・ホタテ・豚レバー・豚もも肉などに含まれています。カルシウムは骨や歯を丈夫にする働きをもち、マグネシウムはカルシウムと一緒に摂取することによって効果が発揮され、亜鉛は骨の成長に直接関与するといった、それぞれが大事な役割を持っています。

 

ポイント4:成長ホルモン
成長期に成長ホルモンの分泌はとても重要です。成長ホルモンは寝ている間に分泌されるのですが、ゲームをしていて夜遅くに寝て午前中いっぱい寝ていたのでは効果が期待されません。成長ホルモンの分泌は夜中の0時~2時にピークを迎えますので、その時間帯に深い眠りについている必要があります。睡眠時間が不足してしまうと成長ホルモンの分泌が乱れてしまいますので、早寝早起きの習慣を日ごろからつけておくようにしましょう。

 

ポイント5:生活バランス
生活リズムをつくることは、身体の体内時計を刻むという意味でとても重要です。早寝早起きをしてそれを習慣化させることが大切なのです。朝の排便も大事ですが、意外と知られていないのが朝に飲むフレッシュジュースやニンジンジュースが身体に良いということです。これらを飲むことで1日の始まりをフレッシュな気持ちで迎えることができます。就寝は遅くても22時頃を目安にしましょう。朝起きたら太陽の光を浴び、すっきりとした気持ちで1日を過ごせるような習慣もつけましょう。

関連ページ

育ち盛りのお子さんに積極的に食べさせたいものはこちら
身長を伸ばすのに適した食べ物とはどのようなものがあるのでしょうか。どのような栄養素が含まれているのかも含めてお子さんの身長を伸ばすためにぴったりの食べ物をお伝えします。
低身長症の原因紹介|それって病気?病気じゃない?
子供の背の高さが平均よりも著しく低くなる低身長の原因にはどのようなものがあるかご存知でしょうか。一般的な低身長の原因には病気によるものとそうではないものがありますので、それぞれの特徴について紹介します。
成長期のダイエットにも関係してくる注目のヤセ菌を紹介
成長期のお子さんの中にはダイエットにも注目しているケースが多いでしょう。やみくもに食べ物を控えるのではなく、着目してほしい一つに腸内環境があります。そんな成長期のダイエットとの関わりの深い注目のヤセ菌を紹介します。。