身長 伸ばす 食べ物

育ち盛りのお子さんに積極的に食べさせたいものはこちら

なかなかお子さんの背が伸びなくて悩んでいるお父さまお母さんは多いと思います。そんな方のために、身長を伸ばすためにはどんな食べ物がいいのかをご紹介していきます。まずは身長を伸ばす食べ物にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。身長を伸ばす食べ物としてタンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛を豊富に含むものがおすすめです。これらの食べ物にはどんな栄養素が含まれているのでしょう。

 

タンパク質を多く含む食品として代表的なのが、肉類・魚類・たまご・豆類・乳製品です。効率よくタンパク質を摂取できるのは肉類ですが、同時に脂肪も多く摂取することになります。肉類でタンパク質を摂取する際は、脂肪分の多いところは避けて赤みの部分を食べるなどの工夫も必要です。特に豚肉はタンパク質の他にもビタミンB1も豊富で、お子様の成長期には欠かせない食品です。さらに効率よく摂取したいという方には、カロテンが含まれるにんじんと一緒に摂取することをおすすめします。
カルシウムはお子様の成長には欠かせない栄養素として有名ですね。カルシウムは乳製品・大豆製品・小魚・海藻などに含まれており、骨や歯を強化する大事な役割を担っています。また、神経系の活動にも必要不可欠な栄養素としても知られています。1日に必要なカルシウム量は一般的に10歳までの子どもでは600r、11歳から18歳までの子どもでは1000rと言われています。カルシウムは身長を伸ばす食べ物として有名ですが、骨や歯を強くするためにもとても重要な栄養素ですね。
マグネシウムはナッツ類・牡蠣・大豆製品・ほうれん草・カツオに豊富に含まれています。マグネシウムの最大の特徴はカルシウムを吸収しやすくします。カルシウムとマグネシウムを2:1の割合で摂取することで効果的に吸収しやすくなるのです。しかし中にはナッツ類のようにカロリーも高いものがありますので、食べすぎには注意しましょう。
最後に亜鉛ですが、亜鉛を多く含む食品には豚のレバー・牛もも肉・スルメイカ・煮干し・牡蠣などがあります。中でも牡蠣は代表的な食べ物であり、その含有量は他の食品とは比べ物にはならないほどです。しかし亜鉛は他の栄養素とは違い、食事から必要量摂取することは難しいとされています。この亜鉛が欠乏すると味覚障害を起こすことがありますので要注意です。
以上の食品に含まれる栄養素は、身長を伸ばす食べ物としても大事なのですが成長期の身体を形成するためにもとても重要な栄養素です。すべての栄養素を普段の食事でバランスよく補い、食事だけでなく睡眠・運動も取り入れ丈夫な身体づくりを目指しましょう!

関連ページ

低身長症の原因紹介|それって病気?病気じゃない?
子供の背の高さが平均よりも著しく低くなる低身長の原因にはどのようなものがあるかご存知でしょうか。一般的な低身長の原因には病気によるものとそうではないものがありますので、それぞれの特徴について紹介します。
身長を伸ばすために気をつけたい5つのポイントを紹介します
お子さんの背を高くする方法に興味がありますよね?普段の生活からできる背を高くする方法で気をつけるべき5つのポイントを詳しく解説していきます。
成長期のダイエットにも関係してくる注目のヤセ菌を紹介
成長期のお子さんの中にはダイエットにも注目しているケースが多いでしょう。やみくもに食べ物を控えるのではなく、着目してほしい一つに腸内環境があります。そんな成長期のダイエットとの関わりの深い注目のヤセ菌を紹介します。。