成長期 遅い

お子さんの成長期が遅いと思ったら要確認!一般的には何歳なのか?

子供の成長は親にとって気になるもの。
他の子よりも成長期の訪れが遅い気がする…どうして身長がなかなか伸びないの?とついつい心配になりますよね。そんな気になる成長期について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

成長期は身体だけでなく心も大きく成長する時期であり、いわゆる思春期と同じ時期にあたります。
一般的に思春期は11歳?18歳頃までだとされていますので、成長期も同時期である11歳?18歳に迎える子供が多いといえます。
早ければ小学校高学年には成長期がスタートするんですね。
多くの子供達が中学生のタイミングで成長期を迎えますが、高校生で成長期がやっと訪れる子供だっているのです。
成長期がやってくるタイミングは個人差があるもので人それぞれですので、遅い?と不安に思わないでください。

 

第二次性徴をきっかけにスタートする成長期には、子供の身体が次第に大人の身体へと変化していく段階でもあります。変化には戸惑いがつきもので、身体の変化に不安を感じる成長期の子供も多くいます。
先ほども申し上げたように、心も大人へと成長するのが成長期ですが完全に大人にはなりきれないまま、それでいて親離れしたいような、構って欲しいような不安定さを抱える時期です。
思春期に親に対して反抗的になるのはこのためです。

 

友達付き合いが複雑になってくるのも成長期です。
相手が本心で喋っているのか?裏では別のことを言っているのではないか?など考えるようになり、友人関係で頭を悩ませたりするようになります。
また、異性の目が気になりだすのも成長期のタイミングです。

 

心の成長はゆっくりしたものなので、成長期の子供は時々自分自身の感情を上手くコントロールできなくなり、感情の起伏が激しくみられることがあるのです。

 

ここまで成長期の主な変化についてご紹介してきましたが、次は成長期に身長が大きく伸びることについてスポットライトを当ててご紹介していきたいと思います。
成長期に身長が急激に伸びるのは、骨端線と呼ばれる軟骨組織が、成長期にのみ現れるからなんです。
成長期には成長ホルモンの分泌が盛んに行われますが、この成長ホルモンの指令を受けて骨端線は活発に細胞分裂を繰り返し、新しい骨を作り出すのです。
新しい骨が次々と作り出されることで、骨が伸び、身長が伸びるというわけです。
骨単線が現れるのは成長期にのみ、と申し上げましたが平均的な時期は10歳?17歳と言われています。
しかしこれにも個人差がありますので、お子さんの成長期、身長の伸びが他の子より遅いな…と感じる場合は、もしかすると骨端線の現れが平均的な時期よりも遅いことが原因かもしれません。

 

子供の成長が気にならない親はいません。
どうしても他の子供と比べてしまうものです。
成長期が遅いのでは?と思うと心配になるのも仕方ありませんが、成長期は必ず訪れますのでご安心ください。
一般的な成長期と呼ばれる時期に縛られず、訪れがゆっくりであっても焦らなくて大丈夫です。
そして成長期が訪れた際には、子供自身を尊重し、受け止めてあげましょう。

関連ページ

背が高くなる時期には是非食べさせてあげたいメニューはこちらです
成長期にはどのような食べ物をお子さんに与えてあげるのが良いのでしょうか。背を高くするという成長期の主目的に合わせてそれに適した食事メニューと関係する栄養素を紹介します。
成長期におすすめの運動と避けたほうが良いものも紹介します
成長期を健やかに過ごすために運動は欠かせません。ただし種目によってはこの時期には避けたほうが良いものがあるのもまた事実です。そこで成長期におすすめの運動と避けたほうが無難なものとをお伝えします。
成長期に積極的に摂りたい栄養素とそれを豊富に含む食材の紹介
成長期には欠かせない栄養素がいくつかあります。どういった食品に豊富に含まれているのか?どうしてその栄養素が成長期にはぴったりなのかを一緒にお伝えします。
年頃の男の子に起こる変化とお母さんとしてケアしてあげたいこと
成長期の男子にはどのような体や心に変化が起きるのでしょうか。どうしても反抗期とも重なってお母さんとしては対処が難しい時期ではありますが、そんな時に母親として成長期の男子にどのようなケアをしてあげるのが適しているかをお伝えします。