成長期 栄養

成長期に積極的に摂りたい栄養素とそれを豊富に含む食材の紹介

成長期に摂る栄養素はとても重要です。もちろん食事だけでなく睡眠・運動もとても大事です。今回は成長期に必要な栄養素としてどんなものがおすすめなのかをご紹介していきます。成長期に摂るべき栄養素として、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛があります。さてそれぞれどのような食品に含まれていて、どのような役割を担っているのかを一つ一つ見ていきましょう。

 

まずタンパク質は、肉類(豚肉・牛肉・鶏肉など)・魚類(マグロ・カツオ・ブリ・サンマ・クルマエビなど)・たまご・豆類(豆腐など)・乳製品(牛乳・チーズなど)の食品に多く含まれます。タンパク質は英語ではプロテインといい、骨や筋肉などをつくる重要な材料になります。また、成長ホルモンの分泌を促すといった役割もあります。タンパク質は多く摂れば摂るほどいいというものではなく、必要量を適切に摂ることで効果が現れます。肉類は含有量が多いのですが、その分脂肪も多く含まれるのでバランスよく食べるようにしましょう。
カルシウムが多く含まれる食品として、乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズなど)・海産物(わかめ・しらす干し・ワカサギ・干しエビ・うなぎなど)・野菜(小松菜・切り干し大根・大根菜・矢沢菜・チンゲン菜など)・大豆製品・ごま(豆腐・油揚げ・納豆など)があげられます。カルシウムは成長期の骨や歯をつくる大事な栄養素ですよね。しかしこのカルシウムは食品によって吸収率が全く違ってくるので、安定して摂取するのが難しい栄養素です。効率よくバランスよく摂取するために必要な知識を押さえておくことも必要ですね。
マグネシウムが豊富な食品には、木綿豆腐・牡蠣・アーモンド・ほうれん草・インゲン豆・大豆・落花生・カツオなどがあります。近年マグネシウムの重要性が特に注目されています。マグネシウムは単体ではこれといった効果は期待できませんが、カルシウムと一緒に摂取することで効果を発揮します。ピーナッツなどのナッツ類はマグネシウムが豊富に含まれていますが、カロリーが高いため食べすぎには注意してください。
そして亜鉛は、牡蠣・納豆・和牛もも肉・ほたて・豚レバー・豚ももなどに含まれます。この亜鉛はとても重要な枠割を持っており、亜鉛が欠乏すると食品の味がわからなくなり食欲低下にもつながってしまいます。最近では亜鉛の不足により味覚障害が増えてきているそうです。

 

これらの食品に含まれる栄養素は成長期にはなくてはならない栄養素です。お子様の中には好き嫌いが多く上記の食品を食べることが難しいとなれば、子供用のサプリメントを使ってみることもおすすめします。子ども用のサプリメントの例をあげますと、ウイダージュニアプロテイン ココア味・ビタミンゼリー レモン風味・ハッピープラス こどもカルシウム・こども肝油ドロップグミ・モーっとカルシウム ヨーグルト味などがあります。食事では難しい成長期の栄養素の補給は、サプリメントなどでしっかり補給し、健康な身体づくりを目指しましょう。

関連ページ

お子さんの成長期が遅いと思ったら要確認!一般的には何歳なのか?
成長期が遅いと感じているお母さんは必見です。一般的に成長期がいつなのかを紹介してあなたのお子さんが遅いのか実はそうでもないのかといったところの参考にしてください。
背が高くなる時期には是非食べさせてあげたいメニューはこちらです
成長期にはどのような食べ物をお子さんに与えてあげるのが良いのでしょうか。背を高くするという成長期の主目的に合わせてそれに適した食事メニューと関係する栄養素を紹介します。
成長期におすすめの運動と避けたほうが良いものも紹介します
成長期を健やかに過ごすために運動は欠かせません。ただし種目によってはこの時期には避けたほうが良いものがあるのもまた事実です。そこで成長期におすすめの運動と避けたほうが無難なものとをお伝えします。
年頃の男の子に起こる変化とお母さんとしてケアしてあげたいこと
成長期の男子にはどのような体や心に変化が起きるのでしょうか。どうしても反抗期とも重なってお母さんとしては対処が難しい時期ではありますが、そんな時に母親として成長期の男子にどのようなケアをしてあげるのが適しているかをお伝えします。